看護師にとって理想は大学病院か、個人病院か

火曜日, 12月 3rd, 2013 at 5:49 PM

大学病院と個人病院のどちらがいいか。もちろん一長一短で「こっち!」と断言することは誰にも出来ないでしょう。しかし特有のメリットデメリットは確実に存在しているはずですので、それぞれご自分の希望に合っているかどうかを考えてみましょう。


看護師としてのキャリア重視なら大学病院

大学病院は、併設の看護学校などを持っているところが多く、個人病院での勤務経験のみの看護師は大学病院では採用されにくいとされています。
逆に言えば大学病院での勤務経験が数年あれば、大学病院にも個人病院にもどちらにも転職しやすくなるといえます。
「キャリア」を形成していきたいとお考えの人にはオススメです。
しかし、大学病院の中には政治家並の複雑な人間関係が出来上がっているということで、人間関係に嫌気が差して辞めてしまう人も少なくないのも事実です。


長期勤務なら個人病院

人間関係のしがらみなどから解き放たれた個人病院では、先生に余裕があり、労働環境は大きく異なることでしょう(もちろん病院にもよります)。
なので、一度結婚出産を経験し、ゆっくりしっかり長く働きたいという目的なら個人病院の方がオススメです。
しかし、大学病院勤務の看護師と比べ、知識やスキルの更新頻度は低いと言われています。

  • Category:看護師.
  • Follow this entry: RSS 2.0 feed.
  • Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.