人間関係に悩まない看護師になりたいときはどうする?

看護師が前の職場をやめてしまった理由の上位に人間関係があります。
上司である医師がぜんぜん自分の意見を聞いてくれなかった、先輩看護師にいじめられた・・・など、シリアスな事情を抱えて仕事をやめたという人は多いようです。
できれば次の職場では人間関係で悩みたくないですが、でも転職サイトなどでそんなことを見抜くことは難しそうですよね。
人間関係が良好な職場を選ぶことってできるのでしょうか?


<看護師の口コミサイトなどを参考にする>

通常の転職サイトだとその病院の表面的な情報しか掲載していませんが、中には実際に働いたことのある人による口コミが書かれているサイトもあります。
まずはそのようなところをチェックしてみて、人間関係が良好なところを探してみましょう。
特に人間関係に関する不満が書かれていない病院があったら、そこが狙い目かもしれません。
あとは実際に面接を受けにいって、自分の肌と合うか確かめてください。※看護roo!・・・人気の看護師転職サービスである「看護roo!」のクチコミサイト。


<徹底的に調査したい人はコンサルタントから紹介してもらう>

しかし、「ネットの口コミじゃ信用できない!」という人だっているでしょう。
そのような方は、看護師の転職用のコンサルタントに相談してみるといいです。
コンサルタントの方はいろいろな病院を渡り歩いている人なので、各院の人間関係についても知っている可能性が高いです。
確実に良好な環境を築けている病院で働きたい・・・と思う方は、直接コンサルタントと話し合って転職先を決めていきましょう。

看護師で転職を考える人にはそれぞれいろんな理由があります

看護師は過酷な業務であるためか意外と転職率が高い職業ですが、転職をする人たちにはそれぞれいろんな理由があるということをご存知でしょうか。
そこで、今回は看護師が転職する理由についてご紹介致します。
看護師という仕事は病院によってそれぞれ雰囲気が変わってくるので、今の職場に馴染めなくて悩んでいるという方は、転職を一度検討してみることをおすすめしています。


〈休日や勤務時間など勤務体制に不満を抱く方は多いようです〉

近年日本の医療界では看護師の人手不足が深刻な問題とされていますが、そういった状況では働いている看護師にはかなりの負担がかかることになります。
そのため、有給の消化などもなかなか行うことが出来ずに、連続で夜勤帯の仕事に就かなければならないなど、肉体的にも精神的にも限界を迎えているという方も多いようです。
人の命が関わる仕事のため少々の無理はしょうがないと我慢してしまう方も多く、問題が表面化してこないといったジレンマもあります。
しかし、だからといって一人の看護師に負担がかかりすぎるといった状態は許されるものではありません。
転職するというのは非常に心苦しい選択になるかもしれませんが、体を壊してしまう前に早く対応をするということも大切といえるでしょう。


〈看護師というのは人間関係でも悩みがちに!〉

看護師という仕事は同じ病院の仲間と常に一緒にいることになります。
また、なかなか外部の人が入ってこない閉鎖的な空間でもあるため、どうしても人間関係など複雑になりがちといったこともあります。
そのため、中には人間関係のトラブルによって職場を泣く泣く辞めざるをえないという方も多いようです。
確かに、トラブルが起きないということに越したことはありませんが、仕事場を替えれば人間関係もリセット出来るというのも事実です。
このように、上司や同僚との関係に悩んでいるという方は一度転職を検討してみてはいかがでしょうか。


〈将来のことを考えると育児支援に積極的な病院がいい?〉

将来のことを考えた際には育児支援に積極的な病院を選んだ方がいいかもしれません。
看護師というのはどうしても女性が多い職場のため、結婚や育児などで仕事を辞めてしまうという方が多くいます。
しかし、中には子育てと仕事の両立をしたかったという方も多いのです。
そういった方は、院内保育施設や育児休業制度など積極的に用意している病院がいいでしょう。

このように転職をする看護師にはさまざまな理由があることが分かります。
そのため、現在の職場に馴染めないと悩んでいる看護師の方は、決して自分ひとりだけの問題と捉えるのではなく、冷静に新しい病院を探すというのも重要な選択肢の一つといえるでしょう。
最近では個別のコンサルタントサービスを行う転職サイトもたくさんあるので、将来的に転職を考えているという方でも一度ご利用になることをおすすめします。

生死にかかわる仕事…看護師

看護師の職務は人の生き死にと深くかかわるものです。看護師の判断一つで患者の容体はかわりますし、その判断ミスで大げさな話ではなく命を落としてしまう患者さんも多いでしょう。実際に過去そういった事故は幾度となく発生しています。
こういった事故はふせげないものなのでしょうか。失われる命はどうしたってもう命の灯が消えてしまう運命なのでしょうか。
わたしはそうは思えません。看護師の仕事をやっていく中でそいうミスをしてしまう人はどうしたって自覚が無かった。看護師として命に係わるほどの自覚が希薄だったと、思わずにはいられません。
もちろん主に患者さんを治療するのは医者の立場ですが、そのサポートを行う看護師の手腕いかんで患者さんの状態は大きく変わってしまうでしょう。


<看護師として命と向き合う覚悟を持っておく>

若いころ、学校で数年学んですぐに看護師になった人は難しいかもしれません。まだ若く判断力がしっかりついていると言いづらい状態がほとんどなのではないでしょうか。そこからしっかりと経験を積み、自分で判断することができる自信を付けたあとです。しっかり命と向き合うことができるのは。
まだ求人情報を手探りで見て回り、どうにかこうにか勤務をはじめた。みたいな若い看護師ではまだまだその自覚をしっかり持った上での勤務は難しいでしょう。
命は人一人がしっかり対峙するのには大きな存在です。生半可な覚悟では押し負けてしまうでしょう。そこにきちんと対峙してそれに耐えうる心と体を作るのには経験と知恵、それから有り余るほどの自信。それらが必要です。


<まっすぐ歩いていくこと>

しっかり自分の中で信じられる核がないと、まっすぐ立つことができません。もちろん、精神面のはなしですが、心が不安定では、体をまっすぐ安定させることができません。
心身ともにしっかりと一本幹が通った状態ではじめて、看護師として求人情報をしっかり選び、そこで活き活きと働いていくことができるのです。どんな時も気持ちを上向きに、笑顔で前向きに働きましょう。目先の未来にもし嫌なもの、嫌な未来が予見されていたとしたら自分の予感を信じて、その最悪のシチュエーションを避けられるような未来を目指しましょう。
もし最悪の状況に陥っているとしたら、その状況にいる自分はもしかしたら気が付かない、自覚の無い状態になってしまうかもしれません。しっかり自分の状態を俯瞰して確かめておきましょう。

自分に合う看護師求人は転職サイトで

看護の仕事がきつく気の休まる時間が取れない、職場の人間関係が悪化し働く意欲を無くしてしまったなど看護師の職業はその仕事の性格上、他の職業に比較してストレスがたまりやすい事は否めない。そのために仕事を辞め悶々と過ごす看護師も多く存在し、専門性の高い知識・技術が宝の持ち腐れ状態になっています。そんな人のためにあるのが転職求人サイト、直接相談すると自分の悩みに対し的確なアドバイスや勤務先の紹介などが得られ、あるい希望する事項を書き込んで登録して置くと希望に合った求人先を連絡してくれるなどの便宜を図ってもらえます。もちろん気に入らなければ遠慮なく断る事が大事であり、中途半端な気持ちで求人に応じて転職したのでは、また不愉快な目に遭わないとも限りません。


<自分の職業に自信を持つ事が大切>

看護師の仕事は現代社会に欠かせない職業であり、人の生命にかかわる重大な任務が課せられるので、その職業に誇りと自信を持ち職場に臨むと、やる気も生き甲斐も活き活きしたものになります。自分の希望に全く合わない職場に遭遇した時は、勇気をもって自分に合った求人先を求めることも、良い仕事を進めて行く上では重要なことです。自分に合った職場で、介護という転職を全うすることができればこんな素晴らしいことはありません。

男性看護師

病院からの求人も少しずつ増えてきてこれからも需要が求められてきます。


<看護師は女性だけの世界なのか?>

最近から看護師とすれば女性というイメージが変わりつつあります。勤務的には夜勤や激務と言われるように体力的にきつい仕事という印象から男性のほうが向いてるという方向になってきました。

例えば整形外科はリハビリ的なこともあり、力があり頼りやすいという患者からのイメージもあるようです。さらに精神科などは女性よりも男性のほうが現場で安心して活躍できるでしょう。

もちろん産婦人科や女性専門外来のように女性にしかつとめられない、または重宝される場合もあります。


<将来的な展望はどうみるのか>

体力的に女性よりも有利ですが定年まで安定して仕事ができる。万が一仕事をやめることになっても転職や再就職と手段が選べるのも男性看護師の利点と呼べます。

会社員ならリストラや転職などで常にリスクがあります。

女性とは違い出産や育児休暇がないので病院としては雇用しやすいというのも正直なところでしょう。

看護師という立場上上司は女性という場合も少なくないでしょう。それらを考えても自分の将来性を考えていけば安定した仕事、やりがいのある仕事として社会情勢に左右されない男性看護師はこれからも活躍の場をどんどん広げていくべきです。

地域差がある、看護師の給料

病院関係者といえば、かなりの高給取りなのではないかと思われる傾向があります。それは確かに事実ではあるのですが、決して事実の全てというわけではありません。具体的には、地方・地域による給料の格差があるのです。国家資格の一種だからとはいえ、全国どこでも一律に同様の給料水準とはなりません。


<都心が高く、離れるほど低い>

原則として、人が多く集まる都心ほど看護師などの給料は高くなります。その反面、青森や鹿児島といった地域では比較的低い水準です。月収額にして、およそ4万円の差が開いてしまうのです。年収でいえば、約50万円弱。この差は少ないとはいえないでしょう。地方における医者・看護師不足も、この影響があるためとされています。


<就職するのなら、都心で正看を>

医療関係の資格も、上から下まで幅広くあります。もし、看護師を目指そうと思うのなら、正看の資格を取るべきでしょう。これだけでも、随分と給料が違ってきます。また、これからの時代は准看は政策によって減少することとなりますので、今のうちに自衛の意味でもより上位の資格を取ったほうがいいと思われます。看護師は、夜勤も含めれば非常に激務であり、楽ではない仕事です。しかし、患者さんの生命を左右する大切な業務でもありますので、仕事に生きがいを感じたいと願うのであれば、目指してみるのも良いでしょう。

たくさんある看護師の求人、あなたはどの方法で探しますか

看護師の資格が生かせる職場というのは数多くあります。ですから看護師の仕事を探す方法もそれだけたくさんあるのです。求人といえばハローワークですね、国が運営する国家機関ですので、その情報には信用があります。インターネットが得意だと言う方は全国各地の求人の情報がつまっている求人サイトを利用するのがいいと思います。いつも情報は新しく自分の望む条件を検索するだけで見つけ出してくれます。ネットはちょっとといわれる方は求人誌というのもあります。地元密着の情報が満載で地元の仕事を探したいという方にはとてもいい情報が得られます。派遣会社でも看護師の仕事を扱っています。ですがどの派遣会社がいいとは実際に登録してみないとわかりませんが、コンサルタントがいますので仕事探しにいいアドバイスをしてくれます。変わったところでは病院のサイトに看護師の情報が出ているところころもあります。以外に病院のサイトで求人を探す方は少ないようでとても穴場です。


<探しやすい方法が一番>

看護師の情報を見つける方法はたくさんあります。みんな同じ方法で探すことはありません。自分の探しやすい方法で、自分の望む条件にあったものを探していくのが一番です。

看護師に必要なものってなに?

看護師は他人と接することが多い仕事ですので、優しさや思いやりの他にもコミュニケーション能力が求められているみたいですよ。
患者さんたちと話していくことで患者さんが何を望んでいるのか、どうしてもらいたいと思っているのかについて知る手段の一つだと言われています。
患者さんとのコミュニケーションは重要だと言われているので、その能力を持っている人が求められているそうですよ。
確かに、患者さんとの交流はとても大切だと思いますし、それによって少しずつ体制を変えることが出来たら嬉しいですよね。


<看護師の夜勤体制について>

看護師には夜勤があるから大変だなぁ・・・と思う方もいると思いますが、ローテーションで交代しているところが多いようです。
ずっと同じ人達で夜勤をするのって大変ですものね・・・やっぱり交代して回していかないと。
そこで必要になってくるのが、チームワークみたいです。
皆が一つになって協力しなければ、こなせるものもこなせないので協力をしてしっかりこなしているらしいです。


<プライベートと両立できる?>

看護師というのは、本当に忙しく大変な環境だと思いますが、お休みもきちんととることが出来ますから両立させられます。
小さなお子さんなどを抱えている方でも、安心して仕事が出来るように少しずつ変わってきているみたいなので、働きやすくなってきていると思いますよ。
プライベートも大事なので両立させたいと思っている看護師の方も多いはずです。
少しでも早く、多くの病院の環境が改善されていくと良いですよね。

多くの求人情報の活用法

看護師の求人情報は、雑誌やインターネットなどにたくさん掲載されています。多くの情報のなかから迅速に、自分に合った就職先を見つけるには、情報収集も効率的に行いたいですね。


<インターネットでの情報取集が便利>

中でも特に便利なのがインターネットです。たくさんの情報の中から自分に合った就職先を見つけるには、いろいろな病院を知ることが必要です。最初にたくさんの病院の資料を集めるのがお勧めです。その際にインターネットであれば、気になる病院をチェックして、一括で請求することが可能です。一つずつ問い合わせる手間が省けるし、早く手元に資料が届きます。看護師の求人情報を早く集めて、比較検討することも大切です。また、求人に対する問い合わせをメールですることもできるので、早い対応をしてもらえます。


<病院の情報だけでなく説明会などの情報もチェック>

看護師の求人情報には病院の情報だけでなく、説明会などの情報も掲載されています。業者が開催するイベントや病院個々で開催する就職説明会などの情報が載っています。インターネットであれば、追加で説明会をする情報などタイミングよく見るころができますね。就職活動の際には、インターネットは欠かさずチェックし、大切な情報を見逃さないようにすることが必要です。また、それぞれの病院の特集記事なども掲載されているので、それも併せてチェックしましょう。

看護師が、ひめゆり学徒隊から学ぶべきこと

第二次世界大戦時の看護師と考えたとき、「ひめゆり学徒隊」を思い浮かべる方々も多いのではないでしょうか。沖縄師範学校女子部と沖縄県立第一高等女学校で構成された組織部隊で、それぞれの学校が発行していた広報誌「乙姫」と「白百合」から「姫百合」と名称になったようです。


ひめゆり学徒隊と現代の看護師

米軍の沖縄上陸を前に沖縄陸軍病院に看護要員として導入されたひめゆり部隊ですが、正規の看護師ではなく一学生でしかない彼女たちが、戦争で傷ついた兵士たちの治療に当たったとき、自分自身のふがいなさに嘆いたことは、さぞ多かっただろうと思われます。ひめゆり部隊が陸軍病院へ動員された頃はすでに敗戦が色濃くなっていた1945年ごろ、医療薬品だけではなく、食料も衣料品も配給が激減し、患者たちの体に蛆虫が湧くような不衛生な環境下で、それでも傷つきうめき声を上げる負傷兵を前に、うろたえることなく賢明な看護を続けた姿を想像するだけで心を打たれるものがあります。環境こそ違えど現在の看護師たちもまた、治療がおよばず亡くなった患者たちを前にふがいなさを感じることもあるのではないでしょうか。それでも看護という仕事を続ける看護師たちへ、患者となったときには笑顔で接したいものですね。

看護師としてスキルアップしよう

現在、看護師を目指す人が増えているそうです。不況などに左右される可能性が低いことや、就職がしやすいことなどが理由なのだそうです。資格取得までも勉強することはたくさんありますが、看護師は現場の仕事なので、病院などで実際に仕事を始めないとわからないことも多くあります。


実務経験を積んで認定看護師を目指す人

看護師になってから取得できる資格に、認定看護師というものがあります。この資格はナースとしての実務経験の他、認定分野が全部で21分野に分かれており、5年の実務経験のうち、3年以上をこの特定の分野にて勤務、そのほか、講習などを受けて初めて取れる資格です。救急や集中ケア、ガン科学療法等の専門的な知識を必要とする分野にわけられています。


認定看護師を希望するなら人事に相談を

この資格を取得するためには、まずは職場に相談しましょう。希望する科で働くことができること、資格の講習では昼間に集中して講義、実習を行うことが原則として決められているため、日勤での仕事ができなくなります。この間は夜勤で仕事をするか、休職制度などを利用する必要があります。また資格取得のために奨学金などを利用できるところもありますので、充分に周りに相談し、下調べをしておくといいでしょう。

看護師はお酒が飲めてナンボ?

看護師として働きたいと考えている人に知っておいてほしいことは何ですか?
私が大学病院にて現役で働いていた時、職場見学で来た近所の中学生に聞かれた質問がこれです。さすがに当時は言えなかったですが、本当に知っておいて欲しいことは「看護師の酒乱率の高さは異常」ということでした。


看護師の遊びは「マジ」がキーワード

実はお酒に限ったことじゃありません。看護師は昼も夜も関係なく働くことが多く、「定時」なんてあってないが如くの存在なので、そもそも昔の友達とはほぼ遊べなくなります。予定が合わなさ過ぎて、結局同業者と飲むしかないのですが、そうなると必然的に仕事の愚痴が増えてしまい、「今日はとことん遊ぶぞ」モードに入ってしまうのです。
だからお酒を飲む時も「加減」の「か」の字もない勢いで飲んでしまう人が多いんですね。


結論を言うと

それくらいストレスが溜まりやすい職場でもあるという証拠だと思います。今は看護師をやめ、夫の実家が営む居酒屋の手伝いをしていますが、病院関連の飲み会などの予約が入ると店員一同、当日まで戦々恐々としてしまうくらいです。
テーブルにいるのは全員女性のはずなのに、何故か体育会系男子の飲み会のようになってしまうことがしょっちゅうなのです。
1ミリも飲めないという設定で押し通すか、今のうちから少し訓練を積んでおくと良いでしょう。

高校中退からの看護師

看護師の中には、高校中退経験のある人が少なくありません。むしろ学歴はほぼ不問で、求められるのは責任感と体力と精神的強さの3点が重要であり、概ね一生食うのに困らない資格ということで、高校中退した人にも人気がある仕事なのです。


看護師に学歴は関係ない?

ゆったりした個人病院ではどうか分かりませんが、大学病院で働く看護師に、「知識豊富な慶応大卒の新人」と、「経験豊富で度胸ある専門卒のベテラン」とどっちに来てほしいですか?と聞いたら、ほぼ100%後者を選ぶでしょう。現場の人間は知識や学歴なんか求めていません。求めているのは「戦力」です。(もちろん最低限の知識があることは大前提です)。
なので、あなたのなりたい看護師像に、「看護大学でしか学べないこと」が必要ならば話は別ですが、そうでないのなら大卒でも専門でも何でも構わないのです。


必要なのは

それなら1歳でも若いうちから働いて、身体に無理が効くうちに大学病院でのキャリアを積んで、30代半ば以降は個人病院でまったり働くという方がオススメといえます。
ですので「高校中退したというマイナスポイントを返上するために大卒を目指す」必要性はあまりないのです。高校中退後、通信制高校で高卒資格を取り、専門学校に通い、今現在も看護師として活躍している人はいっぱいいます。

看護師にとって理想は大学病院か、個人病院か

大学病院と個人病院のどちらがいいか。もちろん一長一短で「こっち!」と断言することは誰にも出来ないでしょう。しかし特有のメリットデメリットは確実に存在しているはずですので、それぞれご自分の希望に合っているかどうかを考えてみましょう。


看護師としてのキャリア重視なら大学病院

大学病院は、併設の看護学校などを持っているところが多く、個人病院での勤務経験のみの看護師は大学病院では採用されにくいとされています。
逆に言えば大学病院での勤務経験が数年あれば、大学病院にも個人病院にもどちらにも転職しやすくなるといえます。
「キャリア」を形成していきたいとお考えの人にはオススメです。
しかし、大学病院の中には政治家並の複雑な人間関係が出来上がっているということで、人間関係に嫌気が差して辞めてしまう人も少なくないのも事実です。


長期勤務なら個人病院

人間関係のしがらみなどから解き放たれた個人病院では、先生に余裕があり、労働環境は大きく異なることでしょう(もちろん病院にもよります)。
なので、一度結婚出産を経験し、ゆっくりしっかり長く働きたいという目的なら個人病院の方がオススメです。
しかし、大学病院勤務の看護師と比べ、知識やスキルの更新頻度は低いと言われています。

男性看護師が行く

2002年、男女平等化の影響などを受けて女性は看護婦、男性は看護師と分かれていた別称が「看護師」にまとめられました。このように呼称がまとまる事で看護師と言えば「ああ、ナースね」といった具合に看護の現場で働く男性の存在は社会的には少しずつ希薄になっているようにも思えます。しかし女性社会という認識が広く持たれている業界には実は陰ながら少なからず活躍している男性の方もいますし、また男性看護師を志す人も一定数いると言われています。


今男性が看護師を目指す理由

男性で看護師を目指す方の中には入院や闘病生活が長くそういった仕事に馴染みがある、憧れがあるといった理由をあげる人ももちろんいます。しかし全ての人がこういった理由で看護の道を志している訳ではなく、意外と年収が高いからという理由をあげる人も多く存在しますし、30代過ぎから脱サラしそこから看護職を目指す人もいます。もちろん看護学校や資格取得への道のりは過酷で限られた人しか成れないといった側面もある他、資格所得にあまりに体力や精神力が伴う事から「タフネス」の証として所得を目指す人さえいるくらいです。


男性ならではのトラブルも

ただいざ働くとなると女性社会に対して男性という立場である事を起因としたトラブルも少なからず耳にします。例えば看護業界は年功序列色が強く、働いている年数が長い程実力があるという風に見なされます。しかし男性はそれなりの年数働いていても、男性である事を理由に雑用や力仕事ばかりを任される事も職場によってはあるようです。また患者さんの中には「男性の方はちょっと…」という方もおり気まずい空気になる事も。ただ一方で男性の需要は決して低くはなく、職場さえ選べばきちんと歓迎してもらえるそうです。

看護師求人は売り手市場?

看護師の求人は日に日に増える一方で、まさに売り手市場として加速していえる状態です。これほどまでに看護師の需要が増えた背景には、扱う仕事の範囲が細分化しその必要な分母が大きくなったということがあります。


看護師の需要が大きくなった理由

今まで、看護師の担当する仕事の範囲は、例えば「小児科」や「耳鼻科」といった科目ごとの単位でした。しかし、2008年の診療科の表記方法の変化に伴って、より専門的な小さな単位での仕事になりました。その分、看護師に任される仕事や責任は大きくなり、必要な知識も増えました。そのため、それぞれの分野で求人が行われるようになったために、市場としての規模も拡大化し、より良い人材を確保しようと各医療機関では躍起になっています。


高齢化社会との関係

また、看護師が活躍する場所にも変化が見られます。それまで、看護の仕事といえば、病院というのが決まり文句でしたが、現代社会においては人口に対する高齢者の割合が多くなり、介護の分野でも活躍できる看護の求人が増えています。これは、今までのように、看護は看護の仕事だけをしていればいいという時代から、それまで以上に広い範囲で活躍が出来る人材が求められているといことでもあります。